2009-08-17
No.429


世間の皆様はO.B.O.N.とかいう日本古来のお休みを満喫していらっしゃったようですが
ワタクシ、休めたのは昨日と一昨日のみでしたので、
どっか旅行に行ってたの?なんて、辛くなる質問はお控えください。
daidokologの更新が10日以上空いてしまったのは、ただのサボりなんです。
なんかこの時期って毎年忙しいんだよなぁ。夏大好きなのになぁ。

でも今年の夏はなんだか煮え切らないですよね。
まず天候がムチャクチャ。
おかげで梅干しの土用干しのスケジュールがグダグダになってしまい。
当初は7月末にするはずが、実行されたのは8月も中旬になりかけた先週ですよ。

というわけで今日は、梅干しの土用干し編です。


» 続きを読む

2009-06-19
No.392


さて今日は梅干しに赤じそを加えます。
おなじみ梅干しの赤い色は、この赤じその色なんですね。
さらに赤じそは、梅にさわやかな香りを適度につけてくれる、梅・塩に続く、第3の主役なわけです。
赤じそがでまわるのはほんの一瞬なので、買い逃し厳禁です。
下漬けが完了した梅は、そのままほっておいても大丈夫なので、赤じそをゲットしたら、すぐに赤じそ漬けに臨みましょう。

次回「土用干し編」は7月下旬から8月初旬の予定。
真夏はそこまでやって来てます。

» 続きを読む

2009-06-17
No.387


下漬けを初めて72時間後。
完全に白梅酢があがりました。
これにて下漬け完了。
梅が浮き上がったこないように、押し蓋の平皿だけ残し、重石は外します。
梅が浮いて空気に触れると傷みやすくなるので注意!

[参考 2008年度梅シリーズ おうちで梅干しを漬ける vol.7 完結編&まとめ]
2009-06-16
No.385


約24時間後の梅様のご様子。
いい調子で白梅酢が上がってきて(塩の浸透圧により梅から水分が出てきて)おります。
今年の梅はすごく完熟していたせいか、下漬けがいつもより早く上がりそうです。
ここからもさらに1日に2回ずつあおっていきます。
2009-06-15
No.383


梅干し作りの流れは大まかに
☆6月中旬頃:下漬け(塩漬け)
 →3~5日で「白梅酢があがる」(=梅の果汁が塩の浸透圧によって外に出てジュースの様なモノができること)
☆7月上旬:赤じそ漬け 下漬けが完了した梅に、赤じそを加える
☆7月下旬:土用干しを3〜4日間繰り返す
 →その3ヶ月後から食べられるようになる
☆翌6月頃:まろやかな味になり美味しく食べられる様になる
と分けられます。

今日は下漬けを行います。

まず材料は以下の通り
*梅:2kgならば 粗塩:300g(梅の量の15%) ホワイトリカー:50cc
*梅:4kgならば 粗塩:600g(梅の量の15%) ホワイトリカー:100cc
(ボクは梅を4kg漬けるので塩は600gです)
梅の重さの15%の塩を使うので、塩分15%の梅干しが出来ることになります。
塩の量を減らせばそれだけ減塩の梅干しが出来ますが、とにかく腐りやすく漬けづらいので15%で作ります。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»