お久しぶりの梅干しシリーズ。梅雨も明け、うだるような暑さの今くらいの時期の梅干しイベントといえば土用干し。(ちなみに今年の土用は7/19から8/5とのこと。)
ばっちりなタイミングですね、ってことで、昨日から3日間の予定で土用干しを開始しました。
熱射病になりそうな強い日差しが梅干しを乾燥させ、殺菌してくれます。梅干しは水に弱いので、昨日みたいな突然の豪雨に気をつけて干しましょう。
初日なのに、既に家中が梅干しの良い香りで包まれています。
それにしても日差しに輝く梅干しもホントかわいい。

梅干しシリーズ

おうちで梅干しを漬ける vol.1 レシピ編
おうちで梅干しを漬ける vol.2 道具編
おうちで梅干しを漬ける vol.3 下漬け編
おうちで梅干しを漬ける vol.4 続・下漬け編
おうちで梅干しを漬ける vol.5 赤じそ漬け編


土用干し 初日
準備する物:
タコ糸をくくりつけて、上から吊せるようにした、大きめの竹製の盆ザル ビニール手袋

1.涼しい場所に保管してあった梅干しを出してくる。

2.ボウルの上に盆ザルを置く。梅干しの容器からまずは赤じそをビニール手袋を装着した手で集め、ぎゅっと絞り、盆ザルの中央に置く。梅を重ならないように盆ザルの上に並べていく

3.盆ザルを日当たりの良い屋外に吊るす。日中は外で、夜になったら室内の風通しの良い場所に吊しておく。これを三日間繰り返す。