ボクがはじめて一人で作った料理らしい料理かもしれません。
たぶん「ばぁば」の見よう見まねで作った卵焼き。子供には絶対上手くできない料理のはずですが、誰かに美味しいとほめられて、調子に乗って何度も作り、いつの間にか上手くできるようになってしまいました。乗せられやすいこの性格は今もかわりませんが…。
とにかく、コツはとにかく手早く作ること。最初は小さめのフライパンを使って半分の材料で作ると簡単かも。慣れるまでは返すときにフライ返しを使うと良いでしょう。卵をたくさん使って大きな卵焼きを作るときは、底の丸い中華鍋を使うと簡単です。この本(村上さんちは毎日手作り)では「ばぁば」が卵6個を中華鍋で作っています。
甘すぎる位の味付けに醤油を少〜し垂らした大根おろしがバッチリはまります。おかずでもお弁当でも活躍する料理です。



卵焼き
材料(2人分)
卵:4個
調味料 (醤油:大1 砂糖:大1.5 みりん:大1 酒:大1)

作り方
1. 卵をよく溶きほぐし、調味料を全て加え、更に混ぜる
2. 油:大1をひいたフライパンをよく温める
3. 1.の卵を一気にフライパンに注ぐ
4. スクランブルエッグを作る様によくかき混ぜる
5. 卵の汁気が少なくなり半熟状態になったら、一度火から下ろし、フライパンを傾け、
手前か ら奥に向けて、卵を巻くような感じで寄せていく
6. 再度火の上に乗せフライパンを傾けたまま、卵のつなぎ目を焼き付けて閉じる
7. 奥から手前に向けて一気にひっくり返す