前回意外と好評だったBENTOシリーズ第2弾。
今回もワンプレートといえば聞こえが良い、丼モノです。
みんな大好きな豚肉の生姜焼き。
普段はちょっと厚切りのいわゆる生姜焼き用の肉でやりますが、今回は「冷めても美味しい」をテーマに豚しゃぶしゃぶ用の肉を重ねてから片栗粉をまぶして作ってみました。
ご飯にはキャベツの浅漬けを混ぜ込むことで、程よい水分がご飯にまわり、冷めても硬くなりません。
電子レンジのない職場の方や学生さんに嬉しい仕様です。
今回も前日に準備→当日の朝に仕上げて詰める、という朝が苦手なボクやあなたには楽ちんなスタイルで、頑張りすぎないけど美味しい弁当が出来ました。

とりあえず二回目も良い感じで進んでます!


材料(1人分)
ごはん:1膳

豚ロースしゃぶしゃぶ用:100g(12枚)

キャベツ:1枚
ニンジン:適宜

いりごま:適宜

A
 塩:小1/3
 水100cc

B
 塩:少々
 胡椒:少々

片栗粉:大1.5

C
 おろし生姜:小1/2
 醤油:大1
 砂糖:小1
 酒:小1
みりん:小1
 水:大1


作り方
※前夜
1. 浅漬けを作る。キャベツは葉脈(硬い部分)を切り除き2cm角に切り、ニンジンは薄切りにする。キャベツとニンジンとAを混ぜる
2. 豚肉はパックから3枚重なったまま取り出し、まな板の上に置き、手でプレスし、さらに肉同士を密着させる。
3. 豚肉を半分の長さに切り、両面に塩胡椒を振る
4. 両面に片栗粉をまぶし、手でたたいて、余分な片栗粉を落とす
5. フライパンに油を多め(大:2くらい)をひき弱火で温める。肉を重ならないように並べ、両面を焦がさないようにこんがり焼き、油を落としてから器に取り置く。
6. Cの調味料をよく混ぜておく

※ 当日
1. 浅漬けを、少しずつ手に取ってよく絞り、いりごまと共にご飯に混ぜ、弁当箱に詰める
2. Cの合わせ調味料をフライパンの中で煮立て、片栗粉をまぶして焼いておいた肉を加え、よく絡ませる。1.の上に並べ、ごまを振る