daidokolog引っ越しに伴い新たに作ったカテゴリーが
「" ばあば "のレシピ」
ボクの"ばあば"こと村上昭子はいわゆる『おふくろの味』をとても大切にしてきた人で、仕事とは関係なくても、一日中台所に立って、野菜を煮たり、ぬか床をかき混ぜたり、とにかく料理を作って、人に食べてもらうのが好きな料理研究家でした。( 料理研究家で" ばあば "と言ってもあの方ではありませんw)
このカテゴリーでは、ボクが今でも食べたい、皆さんにも作って食べてもらいたい" ばあば "の味をご紹介していきたいと思います。
ボク流にちょっとアレンジしちゃってる時は、オリジナルの" ばあば "レシピが載っている本も併せてご紹介するのでご興味のある方はそちらもチェックしてください。

きょうのレシピは炒り豆腐です。

豆腐からしっかり水気を切るのがポイント。どうせ後で豆腐はばらばらにするので、形が崩れることなど気にせずに思いっきり絞っちゃってください。ばあばのオリジナルレシピではグリーンピースを彩りに使っていましたが、もっとさわやかな味わいで食感の良いキヌサヤに変更しました。またばあばは、さらしのふきんを使って豆腐を絞っていますが、今回はお手軽にクッキングペーパーを使いました。
料理自体は意外と手軽なのでぜひ作ってみてください。そのまま食べても良いけど、個人的にはご飯にたくさん乗っけて食べるのが好きです。豆腐がメインなのでカロリーも安心だし!

炒り豆腐

● 材料
豆腐;1丁 鶏挽き肉:50g むきエビ;3本 ニンジン:3cm 
シイタケ:2枚 長ネギ:10cm 卵:1個 きぬさや:適宜

醤油:大2 砂糖:小2 酒:大1 みりん:大1

●作り方
1.豆腐を水に入れ、10分ほど茹でる。湯から出したら、重しをかけて水分を出し、その後豆腐を2枚に重ねたクッキングペーパーにくるみ水気を完全に絞り出す
2.エビ・ニンジン・シイタケ・長ネギ・をそれぞれみじん切りにし、キヌサヤは筋を取り下ゆでしてから、1cm幅に切る
3.鍋に油;大1を入れ、挽き肉→エビ→キヌサヤ以外の野菜の順に炒める
4.鍋に豆腐を加えぱらりとしてきたら調味する
5.卵を溶き、箸で鍋の中身を混ぜながら加える、
6.最後にキヌサヤを混ぜて出来上がり。

ばあばのオリジナルレシピは「基本の煮もの炊きもの」に載っています。和風の煮ものが幅広く載っているので興味のある方はチェックしてみてください。ダイエット中の方にもオススメですよ。