やる気のない頭をたたき起こしてくれるような、強烈に酸っぱい梅干し。いつもはお手軽レシピを発表しているdaidokologですが、今回は「ばぁば」直伝のハードコアレシピをご紹介。

やっぱりそこそこ手もかかるし、食べ頃になるまでおよそ1年。道具をそろえる出費もちょっと痛い。それでも、ちまたで売ってる間抜けな味の梅干(風のモノ)じゃなくて、本物の梅干しが食べたければ、自分で作ってしまうのが正解だと思います。梅干しはそのまま食べてももちろんのこと、料理の素材としても調味料としても大活躍します。なにより上手く漬け上がったときの満足感は半端じゃありません。梅干し作りのチャンスは、プリプリに実った完熟梅が出回るいまの季節だけ。迷う前に始めちまいましょう。

梅干しシリーズのスタートです。